スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 用語

ガクチカ|知っておきたいビジネス用語

ガクチカ
|知っておきたいビジネス用語

就活を始めるとガクチカという言葉をよく聞くことになる。これは学生時代に頑張ったことという意味であり、今では一般的な就活用語といえる。面接やESでよく聞かれるため、就活を始めたばかりの人でもきちんと知っておくことが大切である。

ガクチカとは

ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」の略であり、面接やESなどでよく聞かれることになる。就活中なら知っておかないと恥をかくこともあるかもしれない。特に面接でガクチカを聞いてこない採用担当者はほとんどいないであろう。もちろんそのような企業もあるかもしれないが、民間企業に就職するつもりなら一度は聞かれるはずだ。そのため知っておいて損はないのである。

なぜそこまで重視されているのかということだが、この質問をするだけでその人が学生時代にどんな努力をしたのかがすぐに分かるためである。学生時代は長いようで短いものであり、その時に頑張ったことを聞くことで人間性ややる気などが見えてくるのだ。話のテーマが幅広いため学生の個性も出てきやすく、就活の選考にはとても役立つ話題といえる。たまに全く対策をしないで面接を受けるという人もいるが、失敗のリスクが高まるので注意が必要だ。特にガクチカはほぼ確実に聞かれることが分かっている質問であり、事前に例文を考えておかないと言葉が出ない可能性も大いにある。自分のガクチ力とはなんだろう、と考えておく必要性は極めて高い。

ガクチカは1日にして成らず

面接でガクチカについて分かりやすく話すためには事前の準備が必要である。中には頑張ったことを並べるだけで終わってしまうという人もいるかもしれないが、就活で重要なのは採用担当者に選んでもらえるようにするということだ。

そのためには成果を伝えるだけでなく、その成果を達成するためにどんな努力をしたのかを伝えることがポイントである。成果だけを説明するのではなく、努力の様子を上手に説明した方が就活での印象が良くなる。自身ではあまり面白くないと感じても問題はない。学生時代を何年も前に過ごした採用担当者にとって、成果自体はそこまで重要ではなく、内定が取れるように自力でガクチカを演出することが大切なのである。内定が取れるようなガクチカにしたいという場合、採用担当者に話の意味を理解してもらう必要がある。努力の過程が伝わるように順序づけて説明するように努めるとよい。より分かりやすくするためには具体的な説明をすることも大切である。知識がない人でもすぐに理解ができるように、細かい部分や専門用語などまできちんと説明するように心がけることが必要だ。

関連記事