スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 用語

自己分析|知っておきたいビジネス用語

自己分析
|知っておきたいビジネス用語

就職活動の準備としてやるべきものの一つが自己分析である。自己分析は就活の鍵となるため、何のために行うのか、その意味や目的をよく理解して行う必要がある。さらに客観的に、他人の視点から分析する必要性についても考えるべきである。

自己分析とは

そろそろ就職活動を始める学生にとって、最初にやるべきこととして挙げられるのが自己分析ではないだろうか。自己分析とは、自分の長所や短所、価値観を把握したり分析したりする作業である。自分自身がどんな人物でどんな強みを持っているかを分析することで、将来どんな人になりたいのか、会社に入って発揮できる能力や仕事は何か、さらにどんなキャリアを積んでゆきたいのかという広範囲な方向性に繋がっていくのだ。

自分自身をしっかり見つめることで、面接時の自己PRや志望動機を答える際にも抽象的な表現にとどまらず、具体的なエピソードなどを添えて、自信を持って発言することができるだろう。さらに面接の際には、一つの発言内容に対して多角的に質問される場合があるが、そのような場合でも一貫した回答ができる。さらに、十分に自己分析が行われていれば、自分が選んだ仕事や会社が実は自分には向いていなかったという事態も避けられるであろう。残念ながら、入社3年目までに約3割の新卒者が退職しているという事実があり、その原因として仕事や会社のミスマッチも少なからず含まれている。自己分析により、自分に合った仕事を選べる力を身につけたいものである。

自己分析でダメージを受けすぎないよう注意

自分を見つめなおす作業は大切なものであるが、やり方によっては弊害が出てしまう場合がある。本来、自分を分析するとは、自分がどんな人物でどんな強みを持っているかを把握する作業であり、発言や行動に自信を与えるものであるはずだ。しかしながら、反対に悩んでしまったり自信を失ってしまうことがある。分析を繰り返した結果、さらに悩みを深めてしまう悪循環に陥ることもあるようだ。さらに、面接官などにネガティブに受け取られたり、否定されたりした場合には必要以上に落ち込んでしまうこともある。自己分析に対しては他人の視点で考える、つまり客観的な視点で分析することも大切だ。

また、自分を分析するということは簡単ではないので時間がかかるものである。そのため、現時点での自己理解にとどめておいた方が良い場合もあり、これからの伸びしろや可能性があることを頭に置いた方が良いといえる。自己分析は、本来は自分に自信を持つために行う作業である。逆に自信を失ってしまっては意味がないので、ダメージを受けすぎないように注意することがポイントである。

関連記事