スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 用語

Uターン就職|知っておきたいビジネス用語

Uターン就職
|知っておきたいビジネス用語

都心の大学に進学したけれど、就職は地元でしたいと考えている人もいるかもしれない。Uターン就職を成功させるためにはいくつかのポイントがある。効率よく地元で働くために必要な対策と準備について知っておくべきである。

Uターン就職とは

Uターン就職とは地方で生まれ育った人が都心の大学へ進学し、卒業後に地方に戻って地元の企業で働くということである。地方に行けば豊かな自然が身近にあるため、ゆとりのある暮らしができるというメリットが挙げられる。空気や水も美味しいなど、心を和ませることができるだろう。また、地元の友人や家族との時間をゆったり過ごせることもポイントである。

地方なら都心のように休日はどこでも混雑するということはなく、渋滞や人込みに巻き込まれてストレスを感じることも少ないだろう。さらに、都心では職場に通うために毎日満員電車に乗らなければいけないことも多い。それだけで職場に行くのが嫌になってしまう人もいるかもしれない。

その点地方なら車通勤を認める企業も多く、電車に乗る場合でも都心のような通勤ラッシュとは無縁である。通勤は毎日のことであり、通勤時のストレスがなくなるだけでも仕事へのモチベーション向上に繋がるであろう。都心より生活費を安く抑えられるのもUターン就職のメリットである。他にも子育てをしやすいことや地域の人同士で顔見知りになりやすいといった魅力もある。

「地元に戻る」という選択

Uターン就職には親の近くに住めるので安心というメリットや親と同居すれば生活費を抑えられるというメリット、子供の頃からの友人がたくさんいるといったメリットもある。ちなみに、志望動機は生まれ育った場所で働きたいからと答える学生が多いが、この志望動機だけでは人事には響かない。なぜならその理由は地元の大学に通う学生と同じであるためである。せっかく都心の大学に通ったのなら他の学生と差をつけることが大切だ。志望動機に差をつけることにより、内定をもらいやすくなるであろう。都心でしか経験できないことはもちろん、一人暮らしの経験から得た苦労で差をつけるということもおすすめだ。周りの学生にはないものを探し出し、志望動機をよく考えておく必要がある。

Uターン就職を成功させたいという場合、実家を拠点に活動をし、学校がある日だけ大学に通学するという方法が効果的である。そのためには3年生の後期までにできるだけ多くの単位を取得し、本格的な就職活動がスタートする1ヵ月前には完全に実家に戻るようにするべきである。多くの学生は都心に拠点を置きながら地元企業への就活をしている。移動時間などを考えると地元に拠点を置いた方が圧倒的に有利なのは明らかである。

関連記事