スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 用語

グループディスカッション|知っておきたいビジネス用語

グループディスカッション
|知っておきたいビジネス用語

多くの就活では面接が行われる。面接を避けることはできないが必ずしも一人で行うわけではなく、グループディスカッション形式の面接を行っている企業もある。このタイプの面接では協調性をアピールすることや、役割が重要となる。

グループディスカッションとは

グループディスカッション形式の面接の場合、グループで与えられたテーマについて議論して結論を出すという流れが一般的である。他の学生と一緒に討論するのが苦手な人は、対策に悩むことも多いかもしれない。就活ではどのような形式の面接であっても、できるだけ自己アピールをすることが大切である。

グループディスカッションでは広い視野を持ち、全体の成功を考えることがポイントとなる。そのためには適切な発言が必要となるが、発言の際には目的を明確にし、筋道を立てて倫理的に話すことが大切である。感情的な発言ではただの意見になってしまい、上手く議論を進めていくのは難しい。意見を言うのが苦手な人や意見自体を思いつかないという人もいるかもしれない。その場合は他の人への賛同でも問題ないのである。グループディスカッションでは必ずしも自身の意見を言わなければいけないというわけではなく、他人の意見に賛同して自己主張をするという方法もある。しかし、ただ賛同しているだけでは意味がないので注意するべきである。賛同することは簡単だが、評価されるためには話を広げていく必要がある。

グループディスカッションは出しゃばりすぎに注意

グループディスカッションで成功するためには出しゃばりすぎないことがポイントである。自己アピールが強すぎて空回りしてしまうという人もいるので注意が必要だ。積極的にアピールすることは大切だが、空回りしてしまうと協調性がないと判断されてしまう。また、個人の成功ではなく企業のために動ける印象を与えることも重要である。グループディスカッションは積極的に議論に参加することも大切であるが、それをまとめながら進行できるかどうかも重要視されると知っておくべきである。グループディスカッションでは役割もポイントとなる。

リーダーや司会者、書記、発表者などさまざまな役割が設けられているが、役割によって評価が変わってくるというわけではない。どの役割でも力を発揮することが大切であり、自分に合った役割を選ぶことを心がけることが大切です。中にはリーダーになると高評価になるのではないかと考えている人もいるかもしれない。しかし、リーダーだから高評価になるというわけではなく、きちんと意見をまとめられなかったら逆に評価が低くなることも覚えておくべきである。

関連記事