スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. ES・履歴書

ES・履歴書の書き方のコツ!面接官に突き刺す書き方は?

ES・履歴書の書き方のコツ!面接官に突き刺す書き方は?

就職活動を進める時にはESと履歴書の書き方を知っておくことが大切である。この2つは欠かすことのできない書類であり、就職活動をしている人なら一度は作成することになるだろう。ESと履歴書は同じようなものだと考えている人もいるかもしれない。

しかし、これらは似ているようで全く異なる書類であり、それぞれの特徴を知っておくことがポイントである。ESと履歴書は内定をもらうために重要なものであるし、これらで良い評価を得られないと、面接まで進めない可能性も高いのだ。きちんと対策を行うことにより、内定に向けて順調に進むことができるのである。

履歴書とエントリーシートの書き方のコツ

ESと履歴書は就職活動を進める上で欠かせない書類である。就職活動を始めたら一度は作成することになるが、就活生の中には、ESと履歴書も同じようなものだと考えている人もいるかもしれない。しかし、これらは異なる役割を持った書類であり、それぞれ違った役割を持っていることを知っておこう。

ESは自己PRをするための資料であり、学生時代に頑張ったことや志望動機、長所といったことを記入するようになっている。これらの項目ではどのようなスキルを持っているかということや、入社への意欲の強さをアピールすることができる。面接でアピールする時の項目と同じであるし、ESによる選考は面接による選考と同じ意味合いを持つものだと考えることができるだろう。そのため真剣に作成する必要があるのだ。また、履歴書にはESの裏付けをするという目的がある。企業も資金と時間を費やして採用活動を行っているため、自社に貢献してくれる人材を慎重に選びたいと考えているのだ。そのためにESと履歴書の提出を求めており、適切な人材を見極めようとしているのである。

履歴書は簡潔に記入することが大切となる。項目ごとに書き込めるスペースはあまり広くはないし、狭いスペースに小さな字で記入すると、読みにくいものになってしまうので注意しよう。ESは、結論から記入することがコツである。ESの書式は自由度が高く、ただ文章を長く記入してしまう人もいるかもしれない。しかし、この書類は面接官や採用担当者が見るものでもあるので、読みやすい文章にしないと印象が悪くなってしまう可能性があるのだ。

WEBエントリーにおける注意点

企業にWEBエントリーをしたいという場合、注意点について知っておく必要がある。WEBエントリーでは締め切りを1秒でも過ぎると応募できなくなってしまうため、締め切りをしっかり守るようにしよう。手書き郵送で応募する場合、消印有効となっていることが多いが、WEBエントリーの場合は期日を過ぎたら応募ができないのである。応募の締め切りを守れない人材は、仕事でも期日を守れないのではないかという良くないイメージを持たれてしまう。

また、内容についても一度提出したら後から変更することはできないため、きちんと確認してから提出する必要があるのだ。パソコンの画面では誤字などに気づきにくいこともあるので、履歴書をアップロードする前には、印刷して内容を確認しても良いだろう。電子履歴書はWEB上からダウンロードして作成する。ゼロから履歴書を作るよりも簡単であるし、効率よく作成できることがポイントとなる。また、無料のフォーマットをダウンロードすればわざわざ履歴書を購入する必要もないし、印刷費だけの出費で済むことも特徴である。電子履歴書といっても、志望動機や自己PRなどの書き方は手書きの場合と変わらない。自分の考え方を明確に示して書いていくことが大切である。単なる事実や実績を並べただけでは良い印象にはならないだけでなく、評価が下がってしまうこともあるので注意が必要だ。きちんと理由も添えてアピールすることを心がけよう。

証明写真も大きな鍵を握る

ESや履歴書では証明写真も重要なポイントとなる。採用担当者がESや履歴書で最初に見るところは証明写真であり、第一印象が大切であると言えるだろう。どんなシーンでも、人間は第一印象で判断されることが多く、第一印象には見た目が大きく影響するのである。見た目というのはもちろん、美男美女かということではなく、さまざまな要素によって構成される見た目のことである。人間は視覚情報から第一印象のほとんどを判断しているため、出会って3~5秒で第一印象は決まってしまう。ただの写真であってもそこに本質が映し出されるものだと知っておこう。

証明写真ではまず服装に気をつける必要がある。写真に写った服装が乱れている場合、自己管理ができないという印象を与えてしまうことがある。そこで、服装をきちんと整え、信頼できる人間だと判断されるように努力することが大切だ。また、派手過ぎるシャツやスーツも印象が悪くなるので注意しよう。

表情は人間の本質を浮かび上がらせると言われている。その人の心は表情によく出るため、本気で志望しているかどうかということやモチベーションの高さなども見る人に伝わってしまうのである。印象を良くするためには真っすぐにカメラを見るようにしよう。また、口角が少し上がって笑顔に見える表情なら明るく、自信があるような印象を与える。

そして最後のポイントは髪型だ。寝ぐせがついているのは良くないし、前髪で顔が隠れてしまうのもマイナス要素になってしまう。額は出ている方が良い印象になるため、髪の毛が長い人は後ろで束ねるなどの工夫が必要となる。

自己PRを制するものがES・履歴書を制する!

ESや履歴書に記入する自己PRは最もチェックされるポイントである。会ったこともない面接官や採用担当者に自身の魅力を売り込むために最も重要な項目であり、分かりやすく書く必要があるのだ。

好印象を残す自己PRの書き方として、結論から書くということが挙げられる。最初に結論を書くことで、何をアピールしたいのか明確にすることができるし、採用担当者にも伝わりやすくなるだろう。また、最初に結論を書いておけば、それに合わせた文章が書きやすくなるというメリットもあるのだ。結論を後回しにすると、最終的に何を伝えたかったのか分からなくなってしまうこともあるので注意しよう。

自己PRで強みをアピールする場合、それを裏付けることができるエピソードを交えることも大切だ。そうすることで説得力のある文章にすることができるのだ。大したエピソードがないという人もいるかもしれないが、実際には活動の内容や実績はそれほど重要ではないのである。真剣に取り組んだことや人柄が出ているエピソードなどを思い出して盛り込んでいこう。ESや履歴書の自己PRでは、仕事で活躍できる能力をアピールするということも大切である。どんなに優れた能力を持っていても、企業に関係ない能力なら意味がないのだ。

ESや履歴書でアピールするなら、地味で目立たなくても企業の仕事で役に立ちそうな能力を選ぶようにしよう。そうすることで採用担当者への印象が良くなるのである。

まとめ

就職活動で欠かせないESと履歴書だが、2つも同時に作成するのは面倒だと考えている就活生も多いだろう。しかし、逆に考えれば自己アピールの機会が増えると言えるのである。もちろん2つの内容が同じになったら意味がない。ESと履歴書の内容を上手く差別化することにより、それぞれ異なる視点から自己アピールをしていこう。文章を書くのが苦手な人もいるかもしれないが、効果的にアピールをするためには、書き方のコツを知っておくことが大切となる。コツをしっかり押さえておくことにより、他の就活生よりも目立つことにつながるのだ。

関連記事