スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. スタートアップ・ベンチャー
  2. サービス

お店側からお客さんに予約!?スタートアップが手掛ける”日本初の検索がいらない”サロン予約アプリ【リクポ】

お店側からお客さんに予約!?
スタートアップが手掛ける
“日本初の検索がいらない”
サロン予約アプリ【リクポ】

リクポは検索することなく美容室が予約できる今までにないアプリである。希望を伝えることで、美容師さんからアプローチを受けることができるという新しい方式を採用している。1番気に入ったところを予約でき、面倒な電話での連絡も不要である。

そろそろ髪形を変えたいけれども、美容室の予約はどうしようと悩んでいる人は非常に多いことだろう。考えるのが面倒だから、いつも同じ所に行ってしまうという人も多いのではないだろうか。その結果、満足できない髪形になってしまうことも少なくない。 お客さん側から美容室を予約するのは当たり前のことだと考えているかもしれない。しかし、これには、自分好みにしてくれるのかは分からない状態で連絡をしなければいけないという側面がついて回る。しかし、自分からこのようにしてほしいという希望を予約前に伝えることができたなら、現状は大きく変えられるのではないか?このアイディアから誕生したのがリクポである。

検索不要の美容室予約アプリ「リクポ」

美容室を予約する際には、地域や時間、メニューなどを検索して自分の希望に近いところを予約するというのが一般的な方法だろう。この方法は長い間行われてきているが、残念ながら良い方法とは言えない。この方法では自分のなりたい髪形を得意とする美容室を見つけるのは非常に難しいのだ。 すると、つい家から近いところを検索したり、安いところを選んだりするようになりがちだ。その結果、施術後にはこんなはずではなかったという状態になってしまうことも少なくない。お客さんの立場からではお店や美容師さんの腕を判断することは難しいのが現実だ。

そこで、ベンチャー企業である株式会社リクポは今までの常識を覆す新しいスタートアップ事業を進めている。 それは、お客さんが自分のなりたい髪形などの希望を書き込むと、美容室の方からアプローチされるというものである。あちこち検索したり、お店の時間や最寄りの駅などから探す必要は全くない。画期的なのは電話やメールといった手段を使うことなく、アプリの中だけで連絡を取ることができる点だろう。お店の営業時間に電話をするのは意外と面倒なことであり、最寄り駅などを調べるのも手間がかかる。 隙間時間に、どこかいい美容室はないかと検索する癖がついている人もいるかもしれない。リクポなら、今まで検索や連絡に使っていた時間を自分のために使うことができる。さらに、自分の希望に合った美容師さんから返事がもらえるので、なりたい髪形を実現することができるだろう。

お客さんは要望を書き込むだけでOK

リクポのサービスを素晴らしいと感じても、実際に使うと難しいのではないかと躊躇してしまう人もいるかもしれない。しかし、実際にアプリを使ってみる、その使い勝手の良さに驚いてしまうことだろう。お客さんは自分の要望を書き込むだけでいいのである。 選ぶのは、エリアとメニュー、そして希望金額の3点のみとなっている。例えば、東京の渋谷エリアでカットとカラーを1万円以内で施術したいというような感じよい。

しかも、記述式ではなく、選択制なので悩む時間はさらに少なくなるだろう。そして、最後に「おねだり」をすることも可能である。おねだりには、前回のカラーから数か月がたってしまって根元の色が気になるというような悩みから、くせ毛なので毛先が跳ねるのを改善したいというようなことまで、様々な要望を伝えることができる。 自分の髪質などにコンプレックスがあったとしても、美容室でうまく伝えることはなかなか難しい。

しかし、このアプリを使えば自分の希望を先に伝えることで、当日の煩わしさをだいぶ回避することができるだろう。施術にトリートメントをつけてほしいなどのおねだりも可能だ。わがままだと思う内容でも、それを見た美容師さんからのアプローチがあるので、面倒な連絡などはする必要はなく、要望をしっかり書き込んだ後に待つだけで済む。自分が主役となって、美容師さんを選べるという画期的なサービスはベンチャー企業ならではといえるだろう。実際に使っている人の満足度も高く、このようなアプリが望まれていたことが伺える。

お店側からお客さんにアプローチ

お客さんがリクポを通じて出した要望が、対象エリア内の美容師さんに一斉に届くシステムとなっている。リクエストに対する返事をアプローチと呼んでおり、何人もの美容師さんから返事が来るのはとても嬉しいものだ。おねだりについての返事も書かれており、例えば、料金内でトリートメントをしたいと書いたら可能という内容が返ってきたり、ヘッドスパにすることもできるなどの積極的なアプローチがくる可能性も考えられる。お店側からアプローチしてくれるという、今までにない経験をすることができるだろう。 たくさんの美容師さんがお客さんを奪い合うような形であるため、お客さんは自分の好きなところを一つ選べる立場にある。

そのために、おねだりに対する返答率は非常に高く、自分のお店に来て欲しいということが伝わってくる。自分が選べる立場にあるので、より高い技術を持っているところや、安いところなど魅力的なお店と上手く出会えることができるだろう。まるでお姫様のような体験であり、さらに1番気に入った美容室を選ぶだけで、自分専用のクーポンまで手にすることができるのだ。 リクエストはエリアなどを選ぶだけなので10秒もあれば終わる。この10秒だけで、美容室からのアプローチがたくさんもらえるのがリクポの魅力だといえるだろう。選べる立場になると、自分を大切にしてもらうことができ、新しいお店を探すきっかけにもなる。なりたい髪形だけでなく、新しい自分になることもかなうのだ。

お客さんもお店も嬉しいWin-Winのサービス

リクポではお客さんにとって、自分の希望を伝えられるなど新しい形の予約を誕生させることを可能にしてくれた。料金なども相談できるので、新しい予約の文化といっても過言ではないだろう。直接美容師さんには言いにくいことも、おねだりとして、文字であらかじめ伝えられるのが好評となっている。 しかし、このようなサービスは美容室側にメリットはあるのだろうか?実は美容室というのはとても競争の激しい業界である。近所や駅の周りを思い浮かべると、すぐに何軒かが思いつくことからも想像できるのではないだろうか?そのため、お店によってはお客さんが来ない時間があることも少なくない。宣伝しても他のお店にお客さんを取られてしまうこともあるだろう。

リクポなら、カットやカラーなどを希望しているお客さんにお店からアプローチすることが可能である。もしかしたら、お店の前を素通りされてしまうかもしれなかった人が、アプリを通すことで来店の可能性を高めることができる。あいている時間に施術をすればそれだけ利益になるし、新しい人を紹介してもらえるかもしれない。 つまり、リクポはお客さんだけでなく美容室にもうれしいWin-Winのサービスなのである。今まではネットの環境が整っていないかったのでこのような仕組みは難しかったが、今ではスマートフォンから誰もが簡単にネットに接続できる時代となった。予約システムも従来のような電話で行うものから、リクポのようにお客さんがアプリで希望を伝えればその希望が叶う環境が整ったのである。

リクポはお客さんが要望を伝えて、その要望を聞いてくれる美容師さんのアプローチを待つという新しい形のアプリである。美容室を選ぶというのは意外と面倒なことだが、このアプリなら自分で最寄り駅などを調べる必要もなく、行きたいエリアやメニューを選択するだけで要望を叶えることができる。今まで知らなかったお店を知るチャンスとなり、トリートメントをサービスしてもらえるかもしれない。お店にとってもいいサービスであるので、取り扱っている美容室は増加中だ。お客さんの満足度も高く、髪形が決まらないことで悩んでいた人にとってうれしいアプリとなるだろう。

関連記事