スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 用語

離職率|知っておきたいビジネス用語

離職率|知っておきたいビジネス用語

ニュースなどで発表される離職率は高い注目を浴びるが、どのように算出されているのだろうか?さらに、その中でも新卒の3年目の離職率が注目されることが多い。この数値は何を意味していて、企業としてどんな対策を取れるのかも考えてみるべきである。

離職率とは

少子高齢化が進み、企業は優秀な人材を確保するために様々な方策をとっている中、毎月のように発表される離職率は気になるものである。離職率とは、ある時点で仕事についていた人数に対して、一定の期間後に仕事を辞めた人の割合のことで、一定期間にどれだけの人が退職したかを算出した指標である。

よくニュースで出てくる指標ではあるが、実は算出方法には法的な決まりはなく、算定の基準となる対象者や対象期間は任意で設定されている。それでも、出された数値には大きな意味がある。例えば、会社や業界ごとに算出された数値は企業のイメージに影響を与える。離職率の高い企業や業界は、いわゆる「ブラック企業」として見られる場合もあり、販売している商品などの売上に影響を与える場合すらあるのだ。

さらに、採用する際の難易度が上がることも懸念点としてある。優秀な人材であればあるほど、ステップアップの機会が開かれた働きやすい労働環境を望む傾向にあり、離職率が高いとされた企業では良質な人材を獲得しにくくなる。そうなると、長期的に見た企業間の競争力が弱まり、業績が悪化することもあるのだ。

そのため、企業は離職率の低い期間・対象者を選択し美しい数字を出すような計算をする場合がある。後述する3年離職率を算出するのが一般的だが、それ以外の期間や条件で算出をしている場合、何かしらの意図がある場合があるので注意が必要だ。

注目すべきは3年離職率

一口に離職率と言っても、最近では様々な角度から分析されている。その中でも良く用いられているのが新卒として就職後3年目の離職率である。一般的に、大卒者は3割、それ以外の中卒・高卒・短大卒は4割から6割といわれており、学歴が高いほど割合が低くなる傾向にあるようだ。それでも学歴には関係なく、3年間の内、1年目の離職率が高いこともわかっている。この傾向が昨今変わらないことを考えると、その理由を分析して対策をとることには大きな意味があるのだ。

仕事を辞めることの背景としては、人間関係や企業風土が大きく関係しているといわれている。さらに、特定の業界に離職者が多く出る傾向もある。加えて、転職へのハードルが以前ほど高くなく、自分らしい働き方や良い労働環境を求めて仕事を変える人が多くなったことも要因の一つである。

しかし、企業側はせっかく優秀な人材を確保して育て上げたのに、外に出て行ってしまうことは避けたいものだ。そのため、社内のコミュニケーションを活発化させたり、多様な働き方を認めたり、人事評価の見直したりするなどの対策をとる必要があるかもしれない。

関連記事