スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 用語

OJT|知っておきたいビジネス用語

OJT|知っておきたいビジネス用語

現場で仕事を通じて指導する教育方法はOJTと呼ばれている。研修では習得できないような実践的な知識やスキルを学べるのが大きな特徴である。ただし、指導が行われずに放置されるケースもある。その場合はメンターに相談するなどの対処が必要なのである。

OJTとは

OJTとは “On the Job Training” を略したものであり、人材育成の手法の一つとして広く用いられている。研修のように特別な会場などが用意されるわけでなく、実際に職場となる現場で業務を通じて学ぶ。スキルやノウハウが知識として増えるだけなく、実戦することで着実に身につけられることが大きな特徴である。早い段階で実務を経験することにより、第一線で活躍できるまでの期間を短縮できる。トラブル発生など、座学にはない臨場感があるため、ビジネスパーソンに必要な感性を養いやすいのだ。 指導役はトレーナーと呼ばれており、一般的には直属の上司や同じ業務を担当する先輩社員が務める。

さらに、メンターもOJTには欠かせない大切な役割である。こちらは業務で指導を行うのではなく、業務外で精神的なサポートを行うのである。悩みや不安などがないかチェックし、適切なアドバイスをしてあげなければならない。このように、OJTではトレーナーとメンターがしっかりと役割を果たすことで、対象者が効率よく学習していける仕組みになっている。

OJTとは名ばかりで放置されるケースも…

どの企業であっても、OJTが有効に運用されているとは限らない。仕事が多い部署や人員が足りていない現場では、まともな指導を受けられずに放置されてしまうケースもあるのだ。トレーナーを任された社員は、自分の仕事を投げ出して教えるわけではないのが一般的である。

つまり、普段の仕事に教育係という業務が一つ追加されることになる。そのため、もともと忙しい社員の場合は、OJTにまで十分に手を回せないのが実情である。トレーナーがそのような状況なら、本人がどれだけ学びたくても放っておかれ、スキルや知識が何も身につかない事態に陥ることもありえる。そういった職場ではある程度自分で仕事を見つけたり、聞きに行く必要がある。

また、OJTという名目で、無関係の雑用を押し付けられてしまうケースも珍しくない。 いずれの場合も、まずはメンターに相談するのが一般的である。相談すると改善のために働きかけてくれる場合もある。ところが、メンターも同じ職場の社員が務めている場合は話が別になる。職場全体が忙しいと、ろくに相談に乗ってもらえないケースもある。そのような場合は、人事部に相談するなど別の方法で解決しなければならない。

関連記事