スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 用語

スタートアップ|知っておきたいビジネス用語

スタートアップ
|知っておきたいビジネス用語

スタートアップ企業やベンチャー企業といった新しい会社は、安定性こそ既存の大企業に劣るかもしれない。しかしその成長性や魅力的な働き方、そして自分自身が大きな仕事に携わるチャンスや経験を積めるという点で大きな魅力を持っている。

スタートアップとは

スタートアップ企業とは、新しい企業というだけではなく、これまでにないサービスや商品を売りにして新規に市場を開拓していく会社を指す。よくベンチャー企業と同じような意味合いで使われることが多いが、ベンチャー企業というのは「何らかの高度な専門性や知識を持って、大企業にはない軽いフットワークで動ける企業」というニュアンスがあるため、厳密には同じというわけではない。

ベンチャー企業とスタートアップの違いを書いた記事があるので興味がある方は見てほしい。

『本当に知っていますか?スタートアップとベンチャーの違い|就職・転職したい方必見!』

スタートアップ企業にせよベンチャー企業にせよ、成長性に関しては大きな期待が持てるが、そのぶん安定性を求める人にとっては物足りない部分もある。既存の大企業であれば安定した環境で仕事ができ、新しい会社ならば自分が会社を大きくしていく楽しみがある。自分自身の向き不向きをよく考えた上で、こうした新興企業を就職先の選択肢に入れるのがおすすめである。

自分自身のスキルを磨く上でもスタートアップ企業に身を置くということは大きなメリットとなる。やりがいやスキルアップを求めるビジネスパーソンには良い職場だといえるであろう。両者の違いを理解し、就職活動を進めていくことが肝心である。

刺激に溢れた就業環境

スタートアップ企業は社長や社員の年齢も若く、それまでの会社員という既成概念にとらわれない働き方をしているところも多いため、刺激的な就業環境となっている。昔のような対面でのコミュニケーションや電話対応ではなく、インターネットを介したやりとりが主流となっていることもある。フレキシブルな出勤時間や、スーツの着用が不必要など自由度が高い会社も多いのだ。

その他、組織が非常に小さいゆえに、新入社員であっても社長の隣のデスクで仕事をするということもありえる。経営者の働き方を間近に見られるというのは大企業ではありえない経験であるため、大きな刺激となって成長を手助けしてくれるのだ。大企業では細分化された仕事を割り当てられることが多いが、こういったベンチャーでは常に会社の仕事全体を見通すことができるため、将来独立開業などを考えている人にとってかけがえのない経験となるだろう。

注意点としては、大きな企業のように求人広告を大々的に出していないケースもあるため、自分で興味のある企業を探して求人情報をチェックするという積極性が求められることである。自分にとって魅力的なスタートアップ企業を見つけ、積極的にコンタクトを取ってみることをおすすめする。

関連記事