スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 用語

就活ラブ|知っておきたいビジネス用語

就活ラブ
知っておきたいビジネス用語

就活ラブとは就職活動中に生まれる恋愛のことである。就活は3月から本格的にスタートするが、その時に会社説明会やセミナー会場などで出会った異性と恋愛関係に発展することもある。就活中に恋人を作りたい人はそのポイントを確認しておくべきである。

就活ラブとは

就活ラブとは就職活動をきっかけに芽生える恋愛のことである。就職活動では会社説明会やインターンシップなど出会いの場が多くなる。スーツに身を包んだ相手の姿を新鮮に感じ、そこから就活ラブに発展するというケースも多い。また、サークル活動などに参加する学生が減ったことやSNSなどで気軽に異性と連絡が取れるようになったことも就活ラブが注目されるようになった理由として挙げられる。就活ラブのメリットは就活が出会いの宝庫であるということだ。

就活では同世代の男女がたくさん集まるため、必然的に出会いも多くなるのである。普段は出会えない他の大学の異性とも出会うことができるため、普段出会いがない人にとっては貴重なチャンスといえる。そこで気になる異性がいたら連絡先を聞いてみても良いかもしれない。合わせて知っておきたいのは、人は恋するとドーパミンやアドレナリンといった脳内物質が分泌されるため、やる気が出るようになるということである。就活中にネガティブな気持ちになってしまう学生は多いが、鬱になってしまうとますます就活が上手くいかなくなってしまう。就活のモチベーションをアップさせたいという人にもおすすめなのである。

就活ラブは続くのか…?

最近注目の就活ラブだが、就活中にできた恋人との関係は続くのか気になっている人もいるであろう。実際のところは、社会人になってしまうと続きにくいということが分かっている。恋人と勤務先が違う場合、会うために時間がかかってしまうこともあり、社会人としての生活が始まると忙しくなって会う機会が減ってしまうことも一因である。

さらに、同じ新社会人であっても、仕事の給与や充実度なども異なり、環境が違うと嫉妬してしまうことも考えられる。職場での出会いから新しい恋愛が始まることもあるだろう。就活中に恋人ができたとしても就職してから会う機会が減り、忙しくてメールの返信もできなくなれば自然に消滅していくことがほとんどである。そのため結婚相手が欲しいなど真剣に長く恋愛したい人には就活ラブは向いていないといえる。逆に短期間だけ恋愛を楽しみたいという人には向いているかもしれない。就活ラブではバランスが大切であり、恋愛にうつつを抜かしてはいけない。さまざまな要素が就活に良い影響も悪い影響も与えるため、それらを理解した上で楽しむことが大切である。

関連記事