スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. スタートアップ・ベンチャー
  2. サービス

Fin Tech系スタートアップが仕掛ける【テーマで選ぶ、かんたん投資。】

Fin Tech系
スタートアップが仕掛ける
【テーマで選ぶ、かんたん投資。】

お金を増やす方法として投資が注目を集めてはいるものの、初心者には難しいイメージがあるだろう。しかしフォリオなら、プロによって厳選されたテーマから選んで投資をしていくだけなので、特別な知識を持っていない初心者でも安心して取り組みことができる。

給与を増やすのは誰でもできることではないが、他の方法でお金を増やすことは意外にも簡単である。中でも、持っている資金を有効に活用する投資はもっとも手軽に始めることができる方法のひとつであろう。投資というとリスクが大きいイメージで、躊躇してしまう人も多い。

しかし、初心者でも無理なく始められる投資もあるので、最初から敬遠してしまうのはもったいない。フォリオでは、プロが厳選した10のテーマの中から選ぶだけで投資ができるという容易さが注目されている。投資先を自分で選ばなくてよいので、知識の乏しい初心者が最初に取り組む投資として適しているだろう。

フォリオは投資サービス

本格的な知識や経験を持っている人であれば、自分の判断で利益が出そうな投資先を見つけることができるかもしれない。しかし誰もが十分な知識を持っているわけではなく、投資に資金投入することを躊躇する人は多いだろう。

ただ、何もしなければ知識・経験は増えず、いつまでも初心者のままになってしまう。そこで、まずは初心者でも安心して始められるサービスを見つけ、積極的に挑戦していくことが大切となる。初心者にとって安心できるサービスとしては、たとえばフォリオが挙げられる。フォリオは誰もが知っているサービスではないため、本当に大丈夫なのか不安になってしまう人もいるかもしれないが、運営に基盤はしっかりしている。

つぎ込んだお金が戻ってこなくなるのでは?というのが初めての人がもっとも心配する点ではないだろうか。お金を増やすためにサービスを利用する以上、このような心配をするのは無理のないことだ。投資で大きな失敗を避ける方法は、一か所にまとめてしまうのではなく、複数に分散させるということである。

フォリオの場合も、複数のテーマに分散できる仕組みになっており、安心できる。初心者としては、知名度の高いサービスの方が心配が少ないと思いがちだが、ベンチャーやスタートアップのようなサービスだからこその魅力があることを忘れてはならない。フォリオのシステムを十分に理解すれば、誰でも無理のない形でお金を増やすことができるのだ。財産全額を投じてしまうのは怖いが、10万円程度の余剰金から始めてみてはいかがだろうか?

テーマごとに投資できるから考えやすい


利用するサービスによって、投資のやり方は異なるが、どのようなサービスを利用する場合でも意識すべき点には共通するものがある。それは、一か所に集中させることを避けてリスクを分散させるということだ。途中から分散させるのは難しいので、サービスを利用し始める段階から上手に分散させる必要がある。その点、フォリオでは複数のテーマが用意されていて、それぞれ投資することができるため、初心者でも複数の場所に分散させやすくなっている。

自分でテーマを決めるのが楽しいと感じる人もいるが、慣れていない初心者にとってテーマを決めるのは厄介な作業になり得る。フォリオでは最初からテーマが決まっているため、厄介な作業をする必要がない。企業名を見ても、どのような業務を行っているかは理解しづらいものだが、企業名ではなくテーマを選ぶ形であれば理解しやすいだろう。

フォリオであれば、企業に関する特別な知識を身につける必要はない。たとえば、ドローン、コスプレ、アンチエイジングといった注目度の高いテーマが用意されている。どれを選べば成功するかは一概に言えないが、成功しやすいものが揃っているため選びやすいだろう。まずは自分の好みに合うものを探し、そこから始めることをおすすめする。楽しいと感じられなければ、お金を増やす作業は苦痛になってしまう。十分な知識を身につけてからは本格的に考えることも大切になるが、初心者のうちは考え過ぎる必要はない。

10社に分散投資できるからリスクが抑えられる

フォリオを利用することの最大のメリットは、10社に資金を分散することができる点にある。どれだけ豊富な資金があっても、それを一か所にまとめて投じる形では成功は難しい。うまくいくと思われる企業でも、永久に業績が伸び続けるわけではない。最初は大きな利益が出ても、しばらく時間が経ったら損失が膨らんでしまうことも考えられる。だからこそ、リスクを抑えるために上手な分散を考える必要があるのだ。

ただ、どのように分散させるか考えることも決して容易なことではない。初心者では特に大きな失敗をしてしまう恐れもあるだろう。フォリオの場合、プロが厳選したテーマがあり、それぞれ10社の企業で構成されているのが特徴となっている。もちろん、適当に10社を指定しているのではなく、有望企業が選ばれているため信頼できる。初心者が自分の知識・経験をもとに10社を選び出すのは、思っている以上に困難なことである。しかし最初から10社が決まっているフォリオなら、スムーズに分散してお金を投じることができるだろう。

プロのレベルになってから考えるのは少しでも利益を増やす方法だが、慣れていない段階で考えるのはリスクを減らす方法とあるべきだ。地道に努力を重ねていくことで少しずつ利益が出てくるものなので、最初から利益を狙うのは適切な方法とはいえない。フォリオをうまく使って10社にしっかり分散し、効率的な資金の振り分けを考えるのが大切だろう。

フォリオでの投資の始め方

どのようなサービスを利用する場合でも、きちんと流れを確認しておく必要がある。基本的な部分は共通していても、細かい部分には違いがあることが多いので注意が必要だ。フォリオの場合、大きく分けて三つの流れがある。最初にやらなければならないのは、所定の口座を開設することである。口座を持っていなければ何も始まらない。とはいえ銀行などで口座を開設するのとは異なり、インターネットで手続きが完了するので簡単である。本人確認書類の提出が必要になるため、事前に用意しておこう。その上で公式サイトを訪れ、メールアドレス・パスワードの設定を行う。これは仮登録の手続きで、次に本登録の手続きへと進む。個人情報を正確に入力するよう注意が必要だ。数日後にウェルカムレターが郵送されてくるので、記載されている12桁の数字をマイページで入力し、手続きが完了となる。

ここまでくればフォリオでの投資が可能になるのだが、もちろん資金も用意しなければならない。リアルタイム入金・銀行振込のいずれかの方法で入金しよう。入金が済めば、いよいよ本格的な投資を始めることになる。フォリオではテーマを選ぶだけなので難しくない。好きなジャンルから選んだり、今後の伸びが期待できそうなものを選んだりすればよいだろう。テーマを選ぶ際はカートに入れる形になっているため、通販などで商品を購入するような感覚で楽しめる。資産運用に対してフォリオでは丁寧なサポートがあるため、初心者でも安心して参加できるのは嬉しいポイントだ。

慣れていない初心者でも手軽に投資が楽しめるサービスとして、フォリオが注目を集めている。ベンチャー・スタートアップのサービスに対しては不安に感じることがあるかもしれないが、フォリオの場合はプロがテーマ・企業を厳選しているため安心できる。手続きの流れ、投資のやり方を身につけ、地道に資産運用を図ることが大切である。慣れてくれば全てを自分で考えるのも楽しいが、初心者の場合は丁寧なサポートが受けられるフォリオを利用するのが適している。資金を集中的に投じるのではなく、きちんと分散して無理のない形で増やしていくことができるのがフォリオの長所といえるだろう。

関連記事