スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. スタートアップ・ベンチャー
  2. サービス

ゲーム感覚でプログラミング?新しい学習スタイル

プログラミングと聞くと難しそうだし自分には向いていない。やろうと思っても何から手を付ければいいかわからない。と取っつきにくく敬遠されがちだ。ただ、2020年から小中学校での義務教育に組み込まれることが決定しており注目の業種と言える。
ハックフォープレイ株式会社ではプログラミングを楽しく学べる「Hack for play」で新しい学習プラットフォーム提供している。RPGゲームを簡単に開発できるのだ。

Hack for playとは?

sスペーサーHack for playとは、ゲームをクリアしつつ手軽にJavaScriptのプログラミングを学習するシステムだ。もちろん0からステージを作成することも可能である。ゲームスタートからプレイを出来るが初心者向けに解説付きでゲームを進めることができ、解説は漢字は使われていない為子どもでも楽しめるように作られている。もし仮に間違えたとしても「その文字は、消さない方がいいと思います」と通知してくれるため解らなくなることもない。問題が用意されており、強いモンスターのプログラムを改善することで弱体化させることができる。改善結果が一目でわかるため、抵抗なく触れることができるのだ。

新しくオリジナルステージを作成することも可能でプレイヤーの見た目からオブジェクトや敵キャラクターの設置、スキルなど幅広く思い思いのステージが作成可能となっている。同サイトに解説動画があるので見ながら作ることをお勧めする。また「みんなのステージ」から他のユーザーが作ったステージをプレイするのも面白い。そのステージも改造が可能である。

さらに最新版では プログラミングコロシアム特別ステージにて株式会社カプコンとのコラボレーションが実現し、名作「ロックマン」が追加されている。懐かしのエアーマンやイエローデビルと対戦ができるようになっている。リーフシールドやアトミックファイヤーなどファミリーコンピュータ世代から子どもまで幅広く楽しめる。もちろん、ただロックマンを操作するだけではない。随所にプログラミング要素が盛り込まれており、比較的難しく設定されている為、各ステージに答えが用意されている

実際にやってみた!

どこか懐かしい雰囲気なホームページがHackforPlayだ。
画面下部のゲームスタートを押すとブラウザ上でゲームが起動する。
モンスターが強くて先に進めない!そんな時は右側の”マドウショ”を使おう。
モンスターの強さを一気に1に変更できる。
各階にある階段を降りたところでまた次の問題が発生する・・・。
モンスターが通せんぼ。プレイヤーの動きに合わせて動いてくるから進めない!なんてことも”マドウショ”の力にかかればこの通り。プレイヤーやモンスターのステータスを変えるだけではなく、テレポートもできる。
少しずつプログラムを書き換えて次の階へ、クリアーの文字は中間ゴールのようだ。
中間ポイントがあるお陰で小さい成功体験を積み、徐々にワクワクしてくる。
Googleアカウントでログインしていれば途中で中断しても再開することができる。
途中でわからなくなった時はじっくり”マドウショ”を読んでみればヒントが書いてある。

Hack for Playをやってみてプログラミング初心者でもクリアーできるようにヒントが随所に盛り込まれており、楽しめるコンテンツである。その他にも自分でオリジナルステージの作成も可能で、作ったオリジナルステージもホームページ上に共有できるので知り合いに教えてやってもらうのもアリだ。

取り組み

やはりプログラミングとなると技能習得は難しいと言われており、2020年から義務教育に組み込まれるとなると楽しさや重要性を伝えていく事が課題としてあるだろう。学びにおいて楽しさが重要と考え、モチベーションが継続する仕組みが必要である。ゲームという取っ付きやすさからプログラミングが自然と見につくように作られている。

ハックフォープレイ株式会社は新しいソフトやプログラムは新しい才能から生まれると提唱している。活動拠点は石川県だが日本全国でワークショップを開催しており、若い芽を育てるためにワークショップや週一回のスクールを開設しプログラミングの楽しさを伝えているのだ。 子どもたちの視野を広げるツールとしてHack for playを作り出したのだ。

おわりに

これまでプログラミングは専門学校や独学で技能習得するものという固定概念を外し、幼い頃からプログラミングに触れることで今後のIoT技術やIT社会の発展に貢献していくだろう。また、GPリーグと呼ばれる小学生のプログラマーが参加できる、プログラミング大会も盛り上がりを見せている。今後の動向に注目したい。

会社概要
社名   ハックフォープレイ株式会社
代表   寺本 大輝
事業内容 プログラミング教材の開発、セミナー等の運営
https://hackforplay-company.weebly.com/

https://www.hackforplay.xyz/

関連記事