スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. スタートアップ・ベンチャー
  2. サービス

最初からクライマックス!?社長と会って話せる社長メシ

エントリーシート、一次選考、二次選考…数々の選考を経て最後に相対するのが社長、という流れが多くの人の思う所だろう。
そんなイメージを覆すサービスが社長メシ 、なんと最初から社長と会って話が聞けるのだ。しかもこの社長メシ、社長に食事をご馳走になりながら話を聞けるという学生にはとっても嬉しい仕組み。
株式会社ユナイテッドウィル が運営する夢のようなサービス「社長メシ」について詳しく見ていこう。

株式会社ユナイテッドウィル

2010年に設立されたベンチャー企業。平均年齢26歳と若く、採用と育成を重視する企業として注目されている。
ITとHR領域を軸に事業展開をしている。具体的なサービスとしては社長メシ、キャリアトリップがあり、システム・アプリ開発の技術支援サービス等も行っている。

社長メシとは?

clear wine glass on table

「就活の場をデスクからテーブルへ」をコンセプトに、就職活動・インターンで企業探しをしている学生と社長を直接つなげるCtoCマッチングサービス*。
募集している中から興味がある社長メシ=食事会に応募し、選ばれたら無料で参加することが可能だ。
社長メシの場では、社長と学生がテーブルを囲んで食事をしながら気軽に語り合うことができる。そのため、双方が説明会や面接で知ることのできるよりも深く理解し合うことができるだろう。
学生が企業を探す場合は、合同説明会、求人サイト、スカウト型サイトorイベント、エージェントの利用など様々な手段があるが、いずれも最初から社長と会える機会はなかなか珍しい。

*CtoC…Consumer to Consumerの略称。フリマアプリ『メルカリ』のような消費者間の取引を指す。リクナビやマイナビ等の求人サイトは、間に人材企業を挟むためBtoBサービスとなる。

どんなメリットがあるの?

Clear Light Bulb Placed on Chalkboard

1.社風をより深く知ることができる

株式会社ディスコ キャリタスリサーチ
「11月後半時点の就職意識調査」 キャリタス就活 2020 学生モニター調査結果(2018 年 12 月発行)
https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/12/gakuseichosa_november.pdf

近年は、企業選びにおいて人・社風に強くこだわる学生が多い。
社風を形成するのは企業の理念やトップの雰囲気によるところが大きいだろう。社長メシでは、学生と社長が面接という場以外で直接会って話すことができる。学生にとっては、企業理念の深い理解や社長と会ってみることで、社風を知ることができるというメリットがある。

2.特別選考のチャンスも?!


社長から話を聞けるのは勿論、学生が社長に自分をPRすることもできる。食事会の中で自分をPRし、社長が自分の想いに共感してくれた場合は、そのまま特別選考に進めたりインターンとして働けたりすることも。

3.意識の高い学生から刺激を得られる


社長メシは、1開催につき複数名の学生が参加する。
集まる学生は、社長と直接会って話してみたいという意思を持った意識の高い人ばかり。社長や社員のみならず、同じ学生からも良い刺激が受けられ、情報交換の場にもなるだろう。

4.社長のプライベートな話も聞ける?!


会社のこと、仕事のことのみならず、社長のプライベートな話も聞けるかも…?学生が社長と会食できる場面は多くは無いだろう。有益な情報を沢山引き出そう。

実際に参加してみよう!

社長メシに参加する手順としては、まずはアプリをダウンロードしプロフィールを登録する。その後、気になる会社や開催日時で社長メシを探し、応募するという流れだ。

社長メシ iPhone版アプリ画面

応募の際には、100文字程度で主催社長へのメッセージを添えることができる。
当日聞いてみたいことや、企業に対してのアツい思いを伝えよう。

社長メシ iPhone版アプリ画面

応募が社長から選ばれれば参加確定!
基本はアプリ上のメッセージ機能でやり取りの上、当日は集合場所に向かい社長にゴチになる。

社長メシは、社長や社員と学生が和気あいあいと話す和やかな雰囲気で行われる。

開催場所は企業の近くの、居酒屋やレストラン等のお店であることが多い。

当日の服装は、指定や前後にスーツを着る予定がある場合以外は私服でOK。実際、参加学生のほとんどが私服で参加している。

参加学生の男女比は若干男性の方が多いが、最近は女性ユーザーも増えてきているという。
また、参加学生は、学歴に関係なく意識的に行動している人ばかり。将来は自分で起業したい人、ベンチャー企業中心に就職活動をしたい人が多いイメージだ。

社長メシの主催社長は様々な業界・個性を持った社長が勢揃いしている。学生時代に起業した社長から、もう一度やりたいことをと50代で起業した社長まで様々。いずれも、その人独自の面白いお話を聞かせてくれるだろう。

参加した学生の声

【第1回】社長メシ潜入レポートより
https://careertrip.jp/shachomeshi-report/01/

・ご飯を食べながらカジュアルに社長さんと直接お話ができました。そして、少人数であることもとても良かったです。

・社長のお話しだけでなく、就活についての相談までさせていただけたのでとても嬉しかったです。

・普段は話す機会のない経営者の方と話せたこと。経営者の方の話は見る観点が異なり、視座の高い話が聞けて将来を考えるにあたり刺激になりました。

【第12回】社長メシ潜入レポート
https://careertrip.jp/shachomeshi-report/12/
【第11回】社長メシ潜入レポート
https://careertrip.jp/shachomeshi-report/11/

社長メシがきっかけで内定を獲得した学生も!

社長メシには3回ほど参加させていただいていますが、社長メシは他の就活メディアと違い社長や社員の方々と気軽に話せることが良い点だと思います。竹長社長との会では社長が初めにアイスブレイクをして下さり、緊張もほぐれラフな感じでお話をすることができました。社長の経歴などを聞き、自分が広告業界を志望している理由や学校での活動なども話はもちろんのこと、そのほかにも社長が好きな日本酒のお話などもしました。社内では社長の前に新卒の社員の方が座って仕事をしているなど、普段の説明会では聞けない話もお聞きすることができました。
社長メシでは社長と直接お話しをすることで、自分のことを知ってもらい、自然体の自分を見せる事ができます。私は無意識だったのですが、席が少し離れていたこともあり、身を乗り出して話を聞いていて、表情豊かだったことが印象に残ったようでした。特にアピールしようと思ったわけではないのですが、自然体の自分を評価してもらえるのは、社長メシならではだと思います。

社長メシ内定獲得ストーリー~内定獲得への道①~
https://careertrip.jp/shachomeshi-report/naitei-1/

社長と直接話すことができ、食事までご馳走になれる社長メシ。
社長から直接話を伺うことで、自分に合う企業を探せるのは勿論、これからの自分のキャリアプランや人生について考える参考にすることもできるだろう。学生であるという身分を存分に活用して、是非社長メシに参加してみてはいかがだろうか。

関連記事