スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. スタートアップ・ベンチャー
  2. サービス

シェフを格付け!シェフのコワーキングスペースリダイン銀座

株式会社favyにより、日本初のシェフ専用のコワーキングスペースである「re:Dine GINZA(リダイン銀座)」が2019年1月17日にオープンした。
独立や起業を目指す次世代のシェフを応援するために用意され、120席の客席とスタッフ、5つのキッチンを備えたシェア型レストランだ。

リダイン銀座のスタートアップ背景

re:Dine GINZA(リダイン銀座)は「Dine(外食)をre:(再定義)する」という意味である。これまで料理人が自分の店を構えるために、物件や設備、スタッフ採用などで1,000万円ほどの資金が必要となっていた。資金面を苦に諦めてしまう料理人が多いのが現状である。

キッチンなどの設備やホールスタッフなど、飲食店の運営に必要な要素がすべて整っているスペースで、シェフは料理に集中できる環境が用意されている。利用料は月額50,000円となっており、独立を目指す料理人の練習の場、新レシピの試販などに利用されている。アイディアや優れた腕を持った料理人が、開業前のテストマーケティングを行うことも可能だ。料理人が用意するものは食材だけであり、月額50,000円と初期費用200,000円で銀座に店が出せるのだ。

飲食業は新規参入しやすく敷居は低いが、3年後に残るお店は3割と言われる時代である。出店資金を考えるとハードルは高く、さらにハイリスクなため、低リスクでチャレンジできる場を作ったのだ。独立や起業前にテストできる場所を提供することで、「飲食店が簡単につぶれない世界」の実現を目指している。また、ユーザーの行動を把握し、調査する仕組み取り入れ、それらをシェフにフィードバックして成功の要因を伝えるマネージメントも行っている。

リダイン銀座の特徴

(1)料理人を育てるのはお客様!「シェフ応援投票システム」
異なる分野のシェフが常時5人在籍しており、実際に料理を食べてみて「どの料理がおいしかったか」「どのシェフを応援したいか」を踏まえた投票をする。 得票数と売上高を集計し、ランキング形式で公表される。一定の期間、ランキング1位を獲得したシェフは「リダイン銀座」を卒業し、晴れて独立することが出来、独立支援も受けられる。人気メニューの開発や売り上げを考えた価格設定、メニューの研究などに専念できるようになっているのだ。

(2)お会計は完全キャッシュレス
お会計の際、クレジットカードやQRコード決済だけでなく、電子マネーでの支払いも対応。現金は利用できないが、店舗内にて現金をリダイン銀座独自電子マネーにチャージすることも可能となっている。完全なキャッシュレス化を図ることで、技術鉄器にも最先端な飲食店を実現している。

リダイン銀座に行ってみたい!

曜日ごとにシェフが代わり、メニューや値段も変動する。また、ランキングの結果によっては入れ替えもある為、ホームページで確認すると良いだろう。
シェフの選考基準は「衛生面、味、人柄」を重視していると言う。
「衛生面がしっかりしているのは勿論、味も重要。キッチンで罵声が飛び交う事の無いように人柄も重視している。」
予約はホームページからできるが、来店60日前からの受付となっている。13名以上の予約に関しては直接店舗に問い合わせが必要なため、注意しよう。
所在地や営業時間は次の通りだ。

店名   re:Dine GINZA(リダイン銀座)
所在地  東京都中央区銀座4-3-1並木館銀座9F
定休日  不定期
営業時間 17:00~23:00 (ラストオーダー 22:00)


会社概要
会社名   株式会社favy
所在地  東京都新宿区西新宿6-16-6-7F
代表者  代表取締役社長 高梨 巧
設立   2015年7月1日


http://www.favy.co.jp/

関連記事