スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. スタートアップ・ベンチャー
  2. サービス

プログラミング学習の一歩先を行く?日本初のプロトタイピング専門スクール開校

dotstudio株式会社はプログラミングとプランニングの両方を兼ね備え、試作開発(プロトタイピング)スキルの習得に特化した、スクール「ProtoOut Studio(プロトアウト スタジオ)」を2019年6月に秋葉原にて開校し、1期生募集に伴い4月15日より開校説明会を実施する。

ProtoOut Studio立ち上げの背景

プログラミングスキルと、アイディアを形にする力は似ているようで異なるが、従来のプログラミング学習ではプログラミングしか教わることが出来なかった。そこで、従来のプログラミング学習から一歩踏み込んだ「ProtoOut Studioが生まれたのだ。
ProtoOut Studio」では、プログラミング学習は勿論、開発に必要なスキルセットを厳選し、API(プログラムやソフトウェアの機能を共有する仕組み)の活用に特化した学習が可能となっている。「専門知識を深める。」というよりは、「技術を幅広く扱う手段」を目的とし、応用的なカリキュラムが組まれているのだ。

未経験から半年でプロトタイピング(試作段階における作業工程など)能力を身につけ、アイディアを形にし、社会にアウトプットするまでをサポートしてくれるという。

実際のカリキュラム

現状のカリキュラム案

受講期間は3か月~6か月となっていて、毎週土曜日に開かれる。最初の1か月間はプログラミングの基礎となる言語JavaScriptを習得し、2か月目から「LINE BOT」開発などのAPIに着手する。ハッカソン(*1)を挟みながら、3か月目から「IoT」や「AI」、「ブロックチェーン」、「VR / AR / XR」といったコースから希望するものを選ぶ。4か月目以降は、専門知識を幅広く扱い培いながらプロトタイプの制作に取り掛かる。その後卒業時にはベンチャー企業の経営陣などに披露し、社会にアウトプットするまで見据えた開発が経験できるのだ。

(*1)ハッカソンとは・・・ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語である。エンジニア、デザイナーなどがチームを作り、与えられたテーマについてアプリケーション等を開発し、成果を競うこと。

ProtoOut Studioの特徴

プログラミング教育が小学生から必修化し、技術は一般的なものに変わってきている。技術の専門知識を深く追い求めなくとも、APIやデバイスを活用しプロトタイプを作ることが可能となってきたのだ。その活用方法や、技術の幅を広げる手段を提供するカリキュラムを実現している。

主に扱うプログラミング言語はJavaScriptは現時点で、世界的に多くのプラットフォームに活用されている言語といえる。スマートフォンのアプリケーションやデスクトップアプリケーション、デバイス開発など様々なシーンに対応できる。習得の敷居は低く、コストパフォーマンスが高いため、JavaScriptを主軸とした授業を展開している。

カリキュラム内ではハッカソンを複数回実施する。プログラミングを学ぶだけだと、実践・実用する際にスキル不足に気付くことがある。ハッカソンを行うことで素早く上達することが出来るのだ。

卒業制作のフェームでは著名エンジニアで構成されるメンター陣がプロトタイプの助言等を随時行うことで、短期間で実践的なスキルを習得することが可能となっている。発表の際にはベンチャーや様々な企業の経営者へデモ発表する機会が得られる。

おわりに

プログラミング学習の敷居が低くなっており、必修科目として組み込まれる現代において、学ぶのは子どもだけではなく大人も同じである。時間が無いから独学で学ぶのも選択肢としてはアリだが、果たしてそれは効率的といえるだろうか。そして、そのスキルは実用可能レベルだろうか。相談できるメンターが身の回りにいるだろうか。

短期間で効率的にプログラミングを学ぶのであれば、上記で述べた問題点を解決し、実践を取り入れた次世代学習サービスの「ProtoOut Studio」を利用してみるのも良いかと思う。

会社概要
会社名  dotstudio株式会社
代表者  代表取締役 菅原のびすけ
所在地  東京都千代田区外神田2-9-3
設立日  2016年6月17日


https://dotstud.io/

関連記事