スタートアップ特化型学生応援メディア

  1. ノウハウ
  2. 面接
  3. 説明会
  4. 就活一般
  5. ビジネスマナー

失敗しない就活スーツの選び方!

2019年度卒の就職活動が3月より解禁され、実際に企業説明会に参加し始める時期になる。ただ、リクルートスーツを持っていてもそれがその場に適しているか、雰囲気に適しているか、ストライプでも大丈夫か、など悩みは絶えない。そこで今回は、就活に合ったスーツの選び方や、着こなしマナーを紹介する。

スーツの購入時期は?1着で足りる?

基本的にリクルートスーツは早めに買って用意しておくと安心できる。大学3年生の夏にインターンシップで企業に入社することも少なくない。OB・OG訪問や企業説明会の参加を考えても、早めに用意しておきたい。
大学入学時に購入したスーツを使う学生も多いが、そのスーツが無難なグレーや紺色の物で、状態が良ければそのまま使うのは問題ないとされている。
色落ちしたものや、擦れてテカテカになってしまっているものは新調したい。

リクルートスーツはできれば2着以上用意すると良いだろう。1着を着回すことも可能だが、汚れやシワになってしまっていても「クリーニングが間に合わないから…」といった急を要するトラブルに対応できなくなってしまう為、なるべく2着以上用意したい。

ストライプ柄のスーツでも大丈夫?

入学時のスーツがストライプ柄なんだけど、就活で着ていて大丈夫?。
スーツをお店で試着して、柄物が似合っていると感じた」といった柄に対する疑問をよく見る。結論から言うと、無地がベストでストライプなどの柄物は避けるべきである。ではなぜ、就活において無地が推奨されるのか。それは2つのワケがある。

(1)ストライプスーツが与える印象
一般的に営業マンやビジネスマンといった商談を行う職業や、政治家などがよく着ている。それは、ストライプによって「知的に見える」といった印象を与えるからである。裏を返せば大人びて見える為、新卒のフレッシュさが失われてしまうのだ。また主張が強いと柄とも言われ、結婚式や目上の人と接する場合は不向きとされている。その結果、面接にて「マナーをわきまえていない」といった悪い印象を与えかねないのである。「身だしなみ」より「ファッション」として見られてしまうのだ。

(2)悪い印象は覆しにくい
長らく付き合いのある人ならお互いに信頼関係があるので、不快感を与えることは少ないだろう。仮に不快感を与えてしまって挽回する時間やチャンスはいくらでもある。しかし、面接となると時間に限り、信頼を勝ち取るのは難しいものとなる。メラビアンの法則によると第一印象は視覚情報55%と言われているため、悪影響を与える要素は排除すべきなのだ。

スーツの選び方

男性のスーツ選び


持っておきたい1着は2ボタンの黒系のスーツだ。冠婚葬祭で着用するフォーマルスーツのような、濃い黒や光沢のあるものは避けたい。ダークグレーのように淡く薄い黒系スーツがビジネス向きである。
またシルエットはすっきりとスマートに見えるものを選ぶとフレッシュな印象になる。また、ジャケットの下ボタンを外した状態でこぶし1つ分ほどの余裕が有ると良い。

2着目は2ボタンで、清潔感や爽やかな印象を与えるネイビースーツが良いとされる。ノータックパンツで袖はシングルのもので、シワになりにくく動きやすいものを選ぼう。自宅の洗濯機で洗濯できるものが便利で良いかもしれない。

女性のスーツ選び


スーツの色は黒が一般的だ。黒には安心感や安定感といった印象を与える効果があると言われ、堅いイメージのある金融機関といった業界では必須とされている。
パンツとスカートの2択あるが迷ったらスカートを選ぶと良い。中高生の制服をイメージすると、ほとんどの場合スカートだろう。面接の場合もスカートが基本となる。ただ、パンツスーツが良いとされる業界もあり、特に営業職では好印象だ。
スカート丈は立った状態で膝にかかるくらいがベストである。立った姿と座り姿が綺麗に見えるかどうかが重視され、最低限のマナーとなる為、抑えておきたい部分になる。
サイズ感は緩すぎず、キツすぎず、店舗にて試着することをオススメする。

意外と知らないスーツの着こなし

男性の着こなし


ジャケットの下のボタンは留めずに開けるのがマナーとされているが、ポケットの蓋(フラップ)は中に仕舞うように出来ている事はあまり知られていない。雨や埃を避ける為に作られたものであり、厳密に言うと屋内ではポケットの中に仕舞うのが本来の使い方となっている。また、ポケットに物を入れすぎると型崩れしてしまう為、ポケットにはあまり物を入れないようにするのがマナーとされている。
パンツに関しては腰穿きにならないようにベルトでしっかり穿くことを心がけよう。

女性の着こなし

ジャケットの下に着るブラウスは、襟を出すものとそうでないものがある。襟を外に出すスキッパーというタイプの場合は、活発な印象や元気な印象を与えるが、サイズが合っていないと襟の型が崩れてしまう為注意が必要だ。
襟を出さないレギュラータイプはすべてのボタンを留めることで、真面目な印象を与えることができるので、自分のタイプに合ったものを選ぼう。
ジャケットのボタンは全て留め、袖からブラウスが出ないものを選ぶと良い。立った状態で腕を下に伸ばした状態で、袖口で手の付け根が隠れ、ブラウスが見えない長さがマナーとされる。
パンツはヒールが少し見えるくらいの長さと言われているが、靴とのコーディネートによって変わってくる。例えば、テーパードパンツはくるぶしが見える程度、クロップドパンツではくるぶし上5センチ程の丈が基本となる。スカートはベージュのストッキングを身につけることがマナーとなる。

おわりに

スーツ選びを例として注意点を挙げていったが、身だしなみとして気をつけるべき点はまだまだある。採用担当や面接官に悪い印象を与えてしまう要因は1つひとつ潰していく必要があるのだ。

関連記事